業務用エアコンからの水漏れ

著者:センパイ

業務用エアコンからの水漏れ

Pocket

エアコンクリーニング

先週の案件でしたが今更アップしたいと思います。 
今回の作業は業務用エアコンのクリーニングです。 
本来はオーバーホールと言いたいところですが、一般的にはクリーニングの方が浸透しているのでエアコンクリーニングと言っています。


水漏れ

お客様からの事前情報だと室内機からちょんちょん水が垂れてくるという事でした。 
だーーーっと漏れてくるほどではないという事でしたので、ドレンの詰まりではないなと予想できます。 
天井埋め込みタイプのエアコンなので、ドレンの詰まりだとエラーが出て止まるでしょう。

分解

まずは分解してみましょう。 
それが一番の近道です。 
1つずつ分解していくと、早速今回の問題点であろう箇所が出てきました。 
水漏れの原因はおそらくここでしょう。

熱交換器の画像

熱交換機が凍っていました。 
汚れにより目詰まりを起こしていた事によってうまく熱交換ができなくて凍ってしまったのでしょう。 
それが溶けて水漏れしていた事が予想できます。 
この場合は水漏れというよりは水が垂れてくるという表現が適切でしょう。 
分解したパーツは外で洗浄、室内機はしっかり養生して洗浄。

洗浄の画像

クリーニングし始めは真っ黒な水が流れてきましたが、大量の水ですすいだ後はだいぶ綺麗な水になりました。

黒い水の画像

この後洗浄したパーツを組み立てて試運転です。 
熱交換機の目詰まりが解消された事によって風量も上がりました。 
本来は熱交換機が凍らない事まで確認したいのですが、何時間も待たなければいけないのでお客様に様子を見ていただく事を了承してもらい作業完了です。

まとめ

エアコンの汚れは風量の低下を引き起こし、熱交換機が凍ったりドレンアップポンプが詰まってエラーで止まったりといい事がありません。 
エアコンクリーニングはオフィスKまでお電話下さい。 
098-989-1213


著者について

センパイ administrator

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

今すぐお電話!