カテゴリーアーカイブ エアコン修理

著者:OFFICEK

Panasonicルームエアコン右側水漏れ対策品

FB680CB5-79A6-4F0D-891C-CA0A2145445C

 

 

Panasonicルームエアコン右側水漏れ対策品20個ストックいたしましたので、これでお困りの方はお電話下さい。

尚、修理に関しては沖縄県内のみとなってしまいます。

よろしくお願いします。

エアコンステーション 098-989-1213

著者:OFFICEK

令和2年三菱パッケージエアコンU8修理

三菱パッケージエアコンエラーコードU8

令和2年もエアコンシーズン到来の予感です。

三菱電機製パッケージエアコンエラーコードU8です。

年末から先日までこちらのお客様からの依頼はなくなっていました。

エアコンを使わなくなると依頼はどうしても減ってしまいますが、年を跨いでこの時期に再度依頼の電話があると忘れられていなかったんだなとほっとします笑笑

沖縄も最近暑い日が出てきましたので久しぶりに稼働させたところ、リモコンが点滅しU8の文字が出てきたようです。

基板、ファンモーター同時交換

このU8というエラーコードの内容が室外機のコントロール基板とファンモーターの同時交換となっています。

メーカーに問い合わせると、必ず同時交換を実施して下さいと言われます。たまたま部品の在庫があったので翌日には修理に伺う事ができました。

駆け出しの頃、お客様にどうにか安く抑えてくれ!

と懇願され、試しにコントロール基板だけを変えて動いてくれる事を願った事がありましたが、案の定動きませんでした笑笑

動かないだけならまだしも、新品のコントロール基板までダメにしてしまう恐れがあるので絶対に同時交換を実施して下さい。

予算があれば、ファンも同時に変えた方がいいです。

ファンとファンモーターを分離するのが非常に手間です。

556を錆びついたシャフトに吹き付けて時間を置いて、また556を吹き付けて。。。を繰り返し徐々に外しました。

新しいファンがあればその手間が省けますし、ファンを外す時に力を入れすぎて割れてしまった!

等のリスクが軽減されますのでより安心です。

他社様でこんなやり方すれば楽に取れるよ!や、こういう道具があれば簡単だよなどあれば是非教えていただきたいです。

エアコン稼働し始めるこの時期に多いのがこのU8です。

これは三菱製に関わらずどのメーカーでも言える症状だと思います。ルームエアコンも然りです。沖縄は特に冬場に暖房を回さない会社や施設、ご家庭が多いのも一つの要因かと勝手に思っています。

そんなこんなでコントロール基板とファンモーターを交換し終わり、試運転でも室外機が順調に回ったので作業完了です。

著者:センパイ

実例!三菱パッケージエアコンU6修理

三菱パッケージエアコンエラーコードU6

三菱パッケージエアコンU6の修理です。
今回は2019年12月30日にお電話をいただいたお客様でしたが、メーカーがお休みのためどうあがいても対応できなかったので年始に対応させていただきました。

三菱パッケージエアコンエラーコードU6のエラー内容を調べてみると

パワーモジュール異常(インバータ機種),圧縮機過電流遮断(過負荷)(一定速機種)
と書いています。

メーカーに問い合わせて機種を伝えたところ、この機種にパワー基板は入っていないからパワーモジュールの可能性はないとの事でした。
という事は圧縮機異常?
と思いましたが、室外機を開けてみると。。。
いました、ヤモリです。

室外機のヤモリ

左の赤丸でかこってある部分です。
しかも基板をよーく見てみると手書きで数字が書かれています。
おそらく前にも変えた事があるのでしょう。

これを見てしまったら圧縮機がどうとかパワーモジュールがどうとか言ってる場合じゃないですよね。
ヤモリが死んでいる現状をお客様にお伝えし、とりあえず室外機基板を変えましょうと提案させていただきました。
基板交換後、見事に復活しました。
基板交換と圧縮機入れ替えだと金額が3倍ぐらい変わってきますからね。
室外機基板交換で済んでよかったです。
沖縄のエアコン修理はオフィスKまで。
098-989-1213

著者:センパイ

室外機転倒防止作業

ビルマル室外機が今年の大型台風時に動いてしまったのでワイヤー掛けの依頼でした。
設置から10年以上経過しているので室外機の足が錆びてボロボロになって外れていました。
ステンレスのボルトでしたが錆びていました。
やはり海が近いと錆びは早いですね。

ビルマル室外機の画像

アイボルトを設置するのでアンカー打ちをします。
そこにアイボルトを入れ、ステンレスのワイヤーで室外機をしっかり固定します。
本体を傷つけないよう、ワイヤーが当たるところにはゴムをかませてあります。
室外機の設置場所が屋上で屋外なので、穿孔箇所はコーキングで雨漏り防止を施します。

アンカー打ちの画像

年々台風が大きくなっていますがこれで暫くは大丈夫でしょう。
屋上に室外機を置いてある方は転倒防止をご検討してみてはいかがでしょうか。
後からでも工事は可能ですのでご連絡下さい。
オフィスK 098-989-1213

著者:センパイ

ルームエアコン水漏れ

エアコンから水漏れ

ルームエアコンに限らず冷房時の水漏れで一番多いのがドレンホースの詰まりだと思います。
ドレンホースの詰まりならすぐに解決するので特に問題はないのですが、その他の水漏れは原因を突き止めるのが本当に大変です。

今回はその中の一つを紹介したいと思います。


ドレンパン一体型

今回のケースはドレンパンとファンが一体型の機種にとても多い水漏れとなっています。
例えばダイキン製や富士通製、東芝製のエアコンなどが一体型ですね。
あと壁掛けパッケージエアコンなんかも最近の機種はほとんど一体型ですね。

設置から数年が経過したある日突然水が漏れてくる事が多いようです。
初めは汚れが原因だと思われる方が大変です。

エアコンクリーニングでは解決しない

エアコンクリーニング業者もそう思われる方が多いでしょう。
汚れが原因だと思いエアコンクリーニングしてみたが水漏れが止まらず、ドレンホースをヴァキュームしても止まらない。
エアコンクリーニング業者も焦りますよね。
ここから先がオフィスKの出番です。

根本的な原因

ドレンパン一体型のタイプはドレンパンと熱交換器を上から二本のビスで止めてある事がほとんどです。

ドレンパンの亀裂の画像

Panasonic製や三菱製エアコンのような一体型ではない機種は正面からビス止めされています。
この上から止めてあるビスが長い年月をかけて亀裂を起こしていきます。
赤い○印の部分ですね。
実際には発砲スチロールで断熱されていますので、発砲スチロールを剥がさないと見えません。
アドバイスになってませんがここをなんとか埋めるしかありません笑笑

まとめ

僕はここ最近はボンディックという光をあてる接着剤で亀裂を埋めています。

ドレンパン一体型のタイプの謎の水漏れはこのパターンが圧倒的に多いです。
ルームエアコン、謎の水漏れに悩まされている方は是非参考までに。


著者:センパイ

三菱重工パッケージエアコンE40

三菱重工パッケージエアコン

三菱重工パッケージエアコンエラーコードE40の修理です。 
今回のご依頼は沖縄本島ではなく那覇からフェリーで2時間ほどの島にある飲食店でした。 
真夏のこの時期にエアコンが止まってしまい、4kwの家庭用エアコン2台でなんとか営業されていました。 
パッケージエアコンは5馬力の天吊りが設置されていますので、家庭用4kw二台ではとうてい追いつかないですね。

エラーコードE40の画像

三菱重工パッケージエアコンのエラーコードE40について早速ネットで調べてみました。


エラーコード E40

異常個所及び修理箇所 
(1)室外保護装置作動 高圧カット ( 63H1、49C ) 
(2) 室外基板不良

とあります。 
室内機側ではなく室外機側の異常の可能性が高そうですね。 
試しに運転してみると、室内機から風は出てくるけど冷たくない。常温てかんじです。 
外に回って室外機を見てみましたが、ファンも回っていない。

高圧カット

高圧カットという事なので冷媒ガスの圧力が規定の数値を超えた事によってエアコンを止めているという状態のようです。 

三菱重工の技術相談に電話で確認しましたところ、63H1の不良か基板の不良、ファンモータの故障などが考えられるとの事でした。

基板交換

まずは制御基板、インバータ基板、ノイズフィルタ基板、ファンモータを交換しましたがうんともすんとも言いません。 
コネクタの挿しこみや場所をもう一度確認しましたが状況は同じです。

基盤交換の画像

ディップスイッチのオン、オフも何度も確認しましたがダメでした。 
制御基板とその奥にあるインバータ基板のLEDは正常を表す点滅を繰り返しています。 
という事は基板の不良は考えられない(交換したばかり)ので、今度はノイズフィルタからインバータ基板に行く途中にあるダイオードモジュールが怪しいという事でした。 
お客様に事情を説明し、日を改めて修理に伺うと言って島を後にしました。

まとめ

今回ダイオードモジュールを交換したところ、無事に運転しました。 
お店の中が寒いぐらいに冷えていました。 

ダイオードモジュールの画像

ダイオードモジュールの不良でE40(高圧カット)が出るのが不思議ですが、今回これで直ったのでよしとしましょう。 
離島のエアコン修理もオフィスKにお電話下さい。 

オフィスK 098-989-1213


著者:センパイ

三菱ハウジングエアコン連続点滅

三菱製ハウジングエアコン

三菱製ハウジングエアコンが冷えないとのお電話をいただき急遽見に行きました。 
三菱製の家庭用天井埋め込みタイプで、メーカーに確認したところ2005年製のモデルという事でしたので、14年目の機種となります。 
この年式になってくるといつどこが故障してもおかしくないですね。

ランプ連続点灯の画像


連続点滅

早速現地にて確認したところ、運転から約5分ほどでランプが点滅に変わりました。 
回数を数えます。 
1、2、3、、、、8、、10いつになっても止まらず、延々と点滅を繰り返していました。

通信エラー

よくある故障のように室内外の通信エラーの場合は5回点滅などがありますが、メーカーに問い合わせてみたところ、ずっと点滅というのも室内外の通信エラーだそうです。 
この場合もほとんどが室内外の基板どちらか、もしくは両方交換で直るそうですが、ここは先入観注意で自分の目で確認する事にしました。 
先に室外機から確認します。 
すると、端子台にささっている黒白赤の線のうち赤の電線が腐食して青サビだらけになっていました。

接触不良

試しに赤線を引っ張ってみると抜けちゃいました。 
おそらく今回の原因は内外の基板不良ではなく、この線の接触不良だったにでしょう。 
赤線は通信線なので電源が入らなかったりという不具合ではなく、単純に通信エラーが出たようです。

接続不良部分の画像

この後被覆を剥き端子台に接続して試運転したところ、問題なく運転しました。 

試運転の画像

まとめ

今回も先入観で基板交換をしていたら的外れだった事が分かります。 
何事も自分の目で確認し、消去法で可能性を絞り出すという作業が近道なのかもしれません。 
エアコン修理はオフィスKまでお電話下さい。 
098-989-1213 


著者:センパイ

新品エアコン漏電ブレーカ作動

新築物件

今回は、3月に新築物件で7台設置させていただいたお客様からの緊急の依頼でした。 
高機能は必要ないという事でしたので三菱製のスタンダードなエアコンを選択しましたが、高機能にお金をかけるより、ここ沖縄では塩害対策をされた方がよっぽどいいという提案をさせていただき室外機を耐塩害仕様にしました。

塩害仕様 

対塩害室外機の画像

こちらの物件は海まで徒歩2分ほどですので、塩害がもろに来る地域です。 
まぁ、ここ沖縄では台風で潮風が遠くまで運ばれますのでどこにいても塩害は避けられません。


漏電ブレーカ作動

今回は設置からまだ3ヶ月半ほどしか経たないエアコンでしたが、夜中に突然『漏電ブレーカ』が作動し、家中の電気が全部消えてしまったそうです。 
幸い、少し電気の知識があるお客様でしたので、安全ブレーカを一度全部落とした後に漏電ブレーカを上げ、安全ブレーカーを1つずつ上げていったところ、このエアコンのブレーカーを上げると漏電ブレーカが作動する事を突き止めたそうです。 
このブレーカーだけを落とし、残りを全部上げてこの日は過ごしたそうです。 
リビングのエアコンだったので寝室のエアコンは問題なく動作していた事が不幸中の幸いでした。

調査開始

翌日さっそくお客様宅を訪問し本格的な調査開始。 
リビングのエアコンが漏電しているのは間違いなさそうですが、まずは上げてみます。 
すると10秒ほどすると漏電ブレーカが作動し、家中の電気が切れました。 
この時点ではまだブレーカーからコンセントに繋がっている電源線が悪いのかエアコン本体が悪いのか確定できません。

漏電箇所特定


そこで、エアコンのコンセントを抜いて漏電ブレーカと安全ブレーカ全部を上げたところ、漏電ブレーカは作動しません。 
これでエアコン本体から漏電している事が確定しました。 
室外機へ移動です。 
本当はここで室外機の連絡線を抜いてコンセントを差してみれば室外機か室内機か細かく特定できますが、もうそこまでは必要ないでしょう。 
大体の検討はついていたので基板を確認します。 
いました。ビンゴです。 
ヤモリが基板と鉄箱に挟まって感電死していました。 
(閲覧注意) 

漏電箇所の画像

まとめ

沖縄あるあるネタですね。 
ヤモリが感電後に落ちてくれてれば良かったんですが、鉄箱に挟まってしまった事によって漏電ブレーカが作動してしまったんですね。 
このヤモリを取り除いたら無事に動作したのでこれで様子を見てもらう事にしました。 
エアコン修理はオフィスKまでお電話下さい。 
098-989-1213 


著者:センパイ

三菱製ルームエアコン霧ヶ峰運転ランプ5回点滅

三菱製ルームエアコン霧ヶ峰運転ランプ5回点滅の修理です。

過去のブログにも何度か登場していますが、よくある故障だと思ってもらっていいでしょう。
早速メーカーサイトを覗いてみましょう。
(メーカーサイトより抜粋)

【コード】
室内機運転ランプ5回点滅

【症状・原因】
室外機のパワー系異常による停止(圧縮機起動開始から1分以内の過電流保護停止が連続3回発生した場合。または、圧縮機の起動失敗保護停止による再起動に24回失敗した場合)

【処置方法】
ストップバルブのチェック
圧縮機の動作確認。


とあります。
聞き慣れない言葉がたくさん書かれていますが、ほとんどの場合室外機の基板交換で直ります。
今回も鵜呑みにはせず、メーカーに確認しながら部品を注文します。
幸い、メーカーに基板の在庫があったのでその日のうちにお客様宅に伺う事ができました。
早速交換作業をしました。
が、梅雨の時期という事もあり急に本格的な雨が降り出したので一時中断。
新しい基板が雨に濡れてしまってはよくないですからね。
少し濡れても拭けばその場は大丈夫ですが、今後錆が発生しやすくなる事を考えるとやはり濡らさないに越した事はないですね。
パワー基板とインバータ基板を同時に交換します。
パワー基板だけでだいたいいけますが、インバータ基板はいくらもしないので同時に交換する事をお勧めします。

インバーター基盤の画像

雨もざっと降ってさっと上がったのですぐに再開できたにでタイミングが良かったです。
すぐに組み立てて試運転かけました。
室外機も順調に動き出して室内機から冷風が出ている事を確認して作業終了です。
エアコン修理はオフィスKまでご連絡下さい。
098-989-1213


著者:センパイ

日立ルームエアコン12回点滅

日立製ルームエアコンの修理です。
今回のお客様はマンションにお住いの方でしたが、新築時に設置されていた日立製ルームエアコン白くまくんでしたが、寝室のエアコンとリビングのエアコンがほぼ同じタイミングで同じエラーで止まってしまったそうです。

日立製ルームエアコンの画像


今回のエアコンはタイマーランプの点滅回数でエラーを知らせるタイプで、点滅回数は12回。 早速ネットで調べてみると

内容 室内機・室外機の故障です。
予想される原因
・制御基板不良
・配線断線、接触不良
と出てきました。 これだけでは判断できないので、まずは現地に赴いて入念に調査していきます。
まず初めに室内機のスイッチを入れた時に室外機に電圧がかかっているかを調べます。

仮にこの時室外機に電圧がかからない場合は室内機の基板が故障している可能性が高いです。
しかし今回は電圧はしっかりきていたので、室内機の基板はなさそうです。
て事は室外機基板に絞れるわけですが、ただ基板を変えればいいわけではありません。
基板に4本のヒューズがついているので、そのヒューズが切れていないかを確認する必要があります。 (赤丸で囲ってある箇所)

基盤の画像


もしこの時どっかしらのヒューズが切れていた場合、そのコネクタの先にある部品も一緒に変えないと意味がありません。
例えば室外機ファンモーターのヒューズが切れていた場合ファンモーターも同時に変える必要があります。
ヒューズが切れているという事は、その箇所に異常な電圧がかかってガラス官のなかにある電路が熱で溶けて電路を遮断するわけです。
基板はあくまでも二次被害。
大元であるファンモーターを変えなければ解決しないという事です。
今回は幸いにもヒューズ4つともきれていなかったので基板のどこかが悪いという事です。
基板交換自体は難しくないですが、このタイプはジャンパー線の切断がでてきます。
難しく聞こえますが、新しい基板の中にちゃんと説明書が入っていますのでそれに従えば問題ないでしょう。

説明書の画像

今回はジャンパー線無しの状態だったので、この説明書に従いジャンパー線を切断しました。

ジャンパー線の画像

この後組み立てて試運転しましたが、ちゃんと冷風が出ていたので大丈夫でしょう。
これと全く同じ作業をもう一台。 トータル1時間かからずに終了。
お客様もとても喜んでくださったので良かったです。
エアコン修理はオフィスKまで。 098-989-1213


今すぐお電話!