カテゴリーアーカイブ ニュース

著者:センパイ

天吊りパッケージエアコンクリーニング

天吊りパッケージエアコンクリーニング です。
天吊りは前回もお伝えしたと思いますが、いかに裏側から高圧洗浄できたかが勝負だと思っています。

分解していけば送風口の鉄板が外れますのでそれを外せば裏側が丸見えになるのでとても洗いやすくなります。

エアコン分解の画像

エアコン分解の画像




分解したパーツは外で高圧洗浄します。

高圧洗浄後の画像

写真上部に写っているのが送風口の鉄板です。あれを外せば熱交換器の裏側が丸見えになりますね。

ファンもそれなりに汚れが付着していました。

ファンの画像

天吊りパッケージエアコンは構造上熱交換器の裏側から汚れていきます。
表面から見て綺麗でも裏側は目詰まりしています。
それこそがクリーニング したけど全然風が出ない、臭いという原因です。
中にはファンモーターも外さずにクリーニング する業者さんもいるみたいですが、うちでは必ず外します。

この状態で高圧洗浄すれば新品時にかなり近づけられます。

ただ、うちはどこよりも安い業者ではありません。

きちんと作業をし、適切な金額をいただいています。

うちは安さを売りにはしていません。

相見積もりで今日も負けましたが、実際の作業内容では引けは取ってないと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。
エアコンクリーニング はオフィスKまでお電話下さい。

098-989-1213




著者:センパイ

天吊りパッケージエアコンクリーニング は裏側が重要!

前回と同様天吊りパッケージエアコンクリーニング ですが、今回はより細かい部分をご紹介したいと思います。
今回の機種は三菱電機製の6馬力でした。
厨房に設置されていたので油汚れが付着していました。
油汚れにさらにホコリが付着していたので汚れを落とすのが大変そうです。
とは言っても外したパーツは地面で洗えますからね、特に問題ありません。
今回ご紹介したかったのは、天吊りエアコンをクリーニング してみたけど臭いが取れない、風が弱いという現象を解決するきっかけになればなと思います。
全ての工程は割愛していますが、重要なポイントだけに絞っています。
問題はこの熱交換器の裏側をどれだけ時間をかけ、どれだけ丁寧に洗えたかが勝負だと個人的には思っています。
そしてうちのスタッフにはこれを何度も伝えています。
きっとウチのスタッフは耳にタコができていると思います。

熱交換器の裏側の画像

上の写真が天吊りパッケージエアコンの熱交換器裏側です。ここまで分解してしまえばやり辛いという言い訳はできないでしょう。洗い放題です。
逆に天吊りはここまでばらした方が高圧洗浄もやりやすいですよ。
割合でいうと表からの洗浄3、裏側からの洗浄7といったところでしょうか。

洗浄後

上の写真はまだ洗浄途中ですがここまでカビが取れています。
天吊りパッケージエアコンのクリーニング はごまかそうと思えばいくらでもごまかせますが、徹底的にやろうと思えばここまでばらさなければまともな洗浄はできません。
今回もばっちり臭いも取れ、風量もアップした(正確には本来の能力に近づいた)のでお客様も満足されていました。
沖縄県内の業務用エアコンクリーニング はオフィスKまでご連絡下さい。

オフィスK 098-989-1213

著者:センパイ

天吊りパッケージエアコンクリーニング

天吊りパッケージエアコンクリーニング

今回は粉物を扱う店舗のパッケージエアコンクリーニング です。粉物を扱う店舗には共通の悩みがあります。
それは、ドレンパンの詰まりです。
舞い上がった粉がドレンパンに付着し、ドロドロな状態になってしまいます。
その末路は天吊りの場合水が溢れてきますし、天カセの場合はドレンポンプ の詰まりでエラーが出て止まってしまいます。
今回のドレンパンドレンパンもかなりドロドロな状態になっていていつ詰まってもおかしくない状態でした。
しかも、ドレンパンにゴキちゃんの死骸がありました。

※閲覧注意

ドレンパンの汚れの画像


彼らは本当にどこにでもいますね。
沖縄の場合特に多くてしかも本土のゴキに比べると大きい印象があります。
これが排水口をふさいでしまうと厄介ですね。
熱交換器にもドロドロスライムが付着していました。

裏側の汚れ画像

天吊りの場合、表からの高圧洗浄だけではあまり意味がありません。
ファンとファンカバーを全て取り外し、熱交換器の裏側から高圧洗浄しないと能力回復は見込めません。
実際裏側は汚れの塊がたくさんあり、風量もかなり少なかったです。
しかも、前にクリーニング した業者がファンを反対向きにつけているという事まで発覚しました。
ファンの向きを正確に把握していない業者だとそのまま反対向きのまま復旧していた事でしょう。
実は僕も独立したての頃何度か失敗した事がありました。試運転時にあまりの風の弱さに驚き、もう一度分解してみると、ファンの向きが間違っている事が分かりました。
それはさておきドレンパンも綺麗になりました。

洗浄後の画像

この後組み立てて試運転をしましたが、風量が3倍ほどに回復しました。
熱交換器の詰まりプラスファンを反対向きにつけていたと考えると納得です。
パッケージエアコンクリーニング はオフィスKまで。
098-989-1213

著者:センパイ

実例!三菱パッケージエアコンU6修理

三菱パッケージエアコンエラーコードU6

三菱パッケージエアコンU6の修理です。
今回は2019年12月30日にお電話をいただいたお客様でしたが、メーカーがお休みのためどうあがいても対応できなかったので年始に対応させていただきました。

三菱パッケージエアコンエラーコードU6のエラー内容を調べてみると

パワーモジュール異常(インバータ機種),圧縮機過電流遮断(過負荷)(一定速機種)
と書いています。

メーカーに問い合わせて機種を伝えたところ、この機種にパワー基板は入っていないからパワーモジュールの可能性はないとの事でした。
という事は圧縮機異常?
と思いましたが、室外機を開けてみると。。。
いました、ヤモリです。

室外機のヤモリ

左の赤丸でかこってある部分です。
しかも基板をよーく見てみると手書きで数字が書かれています。
おそらく前にも変えた事があるのでしょう。

これを見てしまったら圧縮機がどうとかパワーモジュールがどうとか言ってる場合じゃないですよね。
ヤモリが死んでいる現状をお客様にお伝えし、とりあえず室外機基板を変えましょうと提案させていただきました。
基板交換後、見事に復活しました。
基板交換と圧縮機入れ替えだと金額が3倍ぐらい変わってきますからね。
室外機基板交換で済んでよかったです。
沖縄のエアコン修理はオフィスKまで。
098-989-1213

著者:センパイ

ダイキンデザイナーズパネル設置

ダイキンデザイナーズパネルの画像

(※四隅のパネルは外した状態です)

今回は自宅に設置したパッケージエアコンのパネルを
標準の物からデザイナーズパネルに変更しました。
特に性能に変化があるわけではないですが、単純に見た目の変化が欲しかったからです。
金額は標準の金額に2万円ほど追加になりますが、ちょっとした変化が欲しい方や、お店の雰囲気を上品に仕上げたい方におすすめです。
このデザイナーズパネルですが、実は実物を見た事がなかったので今までお客様におすすめした事がありませんでした。
それなら実物を見てみようと言う事で、今回引越しを機にパッケージエアコンを設置し、デザイナーズパネルにしようと考えました。

工事はコア抜きからスタートし、ボードカッターで天井開口、吊り棒、ドレン、電源工事と一通りの作業が必要でしたが、自社工事なので従業員の研修も兼ねてのんびり1日かけて実施しました。

工事の流れはいつもと大差ないので割愛させていただきます。
注意点ですが、デザイナーズパネルに変更する場合は天井ふところが標準パネル時よりプラス70mmほど必要になるのでその辺も考慮が必要です。
ちなみにうちは何も考えずに注文しましたが、天井ギリギリでした。
本体はスラブの断熱材にぴったりです。
何とかおさまっただけよかったですがこれも僕の勉強、お客様へおすすめする際の課題が見つかったので結果的に大成功と言えるでしょう。

美容室やアパレル系など、おしゃれに敏感な店舗や会社などにおすすめです。
もちろんご自宅に設置しても雰囲気が出るのでおすすめです。
沖縄県内のエアコン工事はオフィスKまでご連絡下さい。
オフィスK 098-989-1213

著者:センパイ

室外機転倒防止作業

ビルマル室外機が今年の大型台風時に動いてしまったのでワイヤー掛けの依頼でした。
設置から10年以上経過しているので室外機の足が錆びてボロボロになって外れていました。
ステンレスのボルトでしたが錆びていました。
やはり海が近いと錆びは早いですね。

ビルマル室外機の画像

アイボルトを設置するのでアンカー打ちをします。
そこにアイボルトを入れ、ステンレスのワイヤーで室外機をしっかり固定します。
本体を傷つけないよう、ワイヤーが当たるところにはゴムをかませてあります。
室外機の設置場所が屋上で屋外なので、穿孔箇所はコーキングで雨漏り防止を施します。

アンカー打ちの画像

年々台風が大きくなっていますがこれで暫くは大丈夫でしょう。
屋上に室外機を置いてある方は転倒防止をご検討してみてはいかがでしょうか。
後からでも工事は可能ですのでご連絡下さい。
オフィスK 098-989-1213

著者:センパイ

ドレンアップキット設置工事ルームエアコン 沖縄

ドレンアップキット設置工事

ドレンアップキットの画像

ダイキン製ルームエアコンにドレンアップキットを追加で設置した工事です。
勾配が取れなかった事もありますが、サーバー室にエアコンを設置するため、水漏れした時に機械が止まるようにしてほしいとのご依頼でしたので今回は2.2kw壁掛けエアコンにドレンアップキットを設置する運びとなりました。

機械の組み合わせ

エアコン本体はダイキン製で一番スタンダードなタイプを選びました。
そしてドレンアップキットはオーケー器材さんの1m揚程タイプの組み合わせです。
このオーケー器材さんですが、空調メーカーでは圧倒的シェアを誇るダイキンさんが100%出資している会社なので、ダイキン製エアコンとの相性はバッチリです。
(ダイキン以外でも全く問題ありません)

ドレンアップするのに必要な部材はほとんど入っていますので何の問題もありません。
自分で用意するのは接着剤とVP20ぐらいでしょうか。

パイプシャフトの画像

施工方法

今回の施工方法ですが、壁の後ろは外部ではなくパイプシャフトになっていました。
色々な管がめぐっていたので冷媒管は右出しにしてドレンパイプは600mm(1m以内なら大丈夫です)立ち上げて天井裏から裏のパイプシャフトへと通しました。
なので配管とドレン分の穴を別々に開けたという事です。
もう一ヶ所、室外機へと繋がる穴も開けたのでコア抜きだけで3カ所となりますね。
配管長は8mほどとなりました。

アングル設置

室外機は頭上にアングル設置です。

アングル設置の画像

海のすぐそばなので防錆処理もしています。
電源はどちらも100vです。天井面にコンセントを設置しました。
ドレンアップキット側の電源はスリムダクトを切り欠いて電線をピロっと出し、接続しました。

まとめ

真空引き後試運転しましたが、なかなか結露しなかったので水をドレンパン に流し込んでドレンアップが正常に作動しているかを確認しました。
ドレンアップもエアコンの冷えも問題ない事を確認し作業完了です。
勾配が取れない現場、他社に断られたお客様は是非オフィスKまでご連絡下さい。
098-989-1213


著者:センパイ

Panasonicお掃除機能付きエアコンクリーニング 沖縄

エアコンクリーニング

今回は久しぶりにルームエアコンクリーニングです。
Panasonic製お掃除機能付きエアコンのクリーニングです。

Panasonic製エアコンの画像

Panasonic製のお掃除機能付きは掻き出した埃を部屋の外に吐き出す仕組みになっているため、本体左側に機械がついています。
ちなみに、ダイキンのうるさらは全く同じ位置にこの機械とホースがついていますが、うるさらの場合は室外機から室内へ水分子を送るので役割が逆になっていますね。

まぁそれはおいといて室内機の分解にうつります。


ドレンパン の汚れ

細かい工程は割愛しましてドレンパンの汚れです。

ドレンパンの汚れの画像

こちらはドレンパン の裏側です。
表から高圧洗浄機で洗っただけでは落とせない部分ですね。かなりカビが付着しているのが分かりますね。

ファンの汚れ

続いてファンを見てみましょう。

ファンの汚れの画像

言うまでもなく汚れていますね。
これだけ汚れが付着していると臭いも出るし風は弱くなります。
カビを撒き散らしながら電気代も余計に食うことになりますね。

熱交換器の汚れ

熱交換器にもカビが付着しています。

熱交換器の汚れの画像

全体的に汚れが目立っていたのでもう少し早くにクリーニングしても良かったかもしれませんね。

クリーニング中は割愛してクリーニング後です。

ドレンパン 洗浄後

ドレンパン の裏側も本来の白さに戻りました。
樹脂製品にはカビキラーがよく効きます。

ドレンパン洗浄後の画像

ファン洗浄後

ファンの目詰まり及びカビ臭も取れました。

ファン洗浄後の画像

熱交換器洗浄後

熱交換器もピカピカになりました。

熱交換器洗浄後の画像

まとめ

この後組み立て後試運転しましたが、無臭で風量もアップしてお客様も大変喜んでくれました。

そろそろ沖縄もエアコンシーズンが終わろうとしています。
エアコンクリーニングはオフィスKまでお電話下さい。
098-989-1213


著者:センパイ

パッケージエアコン入れ替え工事 沖縄

パッケージエアコン入れ替え工事

パッケージエアコン入れ替え工事です。
天井埋め込みタイプ2台ですが、既設配管は流用せず新しい配管へと交換になりました。
配管は流用した方が経費は抑えられますが、今回はお客様からのご要望でした。
まずはポンプダウンです。
これに関してはルームエアコンもパッケージエアコンもやる事は変わりません。
ガスを閉じ込めたら外しにかかります。


室内機撤去

室外機を外す組と室内機を外す組に分かれて作業しました。

室内機撤去の画像

配管を外したり通したりするのに天井を開ける必要がありました。
今回は開けられる天井だったのでよかったですが、これが開けられない天井だった場合は天井裏に潜りこみます。

室外機撤去

室外機も外れました。

室外機撤去の画像

室内機の設置に移ります。
室内機の釣りピッチが合わないのでアンカーを打ち直し全ネジを垂らします。

配管溶接

配管を通す作業は特に問題なく進みましたが、スリーブを出てすぐ真下に配管が通せなくてそこだけ溶接で対応しました。

配管溶接の画像

2分3分配管なら楽勝で曲げられますが、5分3分となると手曲げは厳しいですね。

室外機をセットし配管をつなぎます。

真空引き後試運転も問題なく完了です。
補足ですが、沖縄のエアコン工事では台風対策(転倒防止)はやっておいて損はないかなと思います。
年々台風が巨大化していますからね。
台風が去った後に室外機が倒れている事がよくあります。

転倒防止

今回は4点留めで施工しました。

転倒防止の画像

スリムダクト 仕上げ

外部配管はスリムダクト でスッキリ仕上げました。
やはりテープ巻きよりこちらの方が見た目もいいし配管が日焼けしないのでおススメです。
ちなみに防錆処理もしています。

スリムダクト仕上げの画像

沖縄も朝夕はだいぶ涼しくなってきましたが日中はまだエアコンが必要です。
沖縄のエアコン工事はオフィスKまで。
098-989-1213


著者:センパイ

ルームエアコン水漏れ

エアコンから水漏れ

ルームエアコンに限らず冷房時の水漏れで一番多いのがドレンホースの詰まりだと思います。
ドレンホースの詰まりならすぐに解決するので特に問題はないのですが、その他の水漏れは原因を突き止めるのが本当に大変です。

今回はその中の一つを紹介したいと思います。


ドレンパン一体型

今回のケースはドレンパンとファンが一体型の機種にとても多い水漏れとなっています。
例えばダイキン製や富士通製、東芝製のエアコンなどが一体型ですね。
あと壁掛けパッケージエアコンなんかも最近の機種はほとんど一体型ですね。

設置から数年が経過したある日突然水が漏れてくる事が多いようです。
初めは汚れが原因だと思われる方が大変です。

エアコンクリーニングでは解決しない

エアコンクリーニング業者もそう思われる方が多いでしょう。
汚れが原因だと思いエアコンクリーニングしてみたが水漏れが止まらず、ドレンホースをヴァキュームしても止まらない。
エアコンクリーニング業者も焦りますよね。
ここから先がオフィスKの出番です。

根本的な原因

ドレンパン一体型のタイプはドレンパンと熱交換器を上から二本のビスで止めてある事がほとんどです。

ドレンパンの亀裂の画像

Panasonic製や三菱製エアコンのような一体型ではない機種は正面からビス止めされています。
この上から止めてあるビスが長い年月をかけて亀裂を起こしていきます。
赤い○印の部分ですね。
実際には発砲スチロールで断熱されていますので、発砲スチロールを剥がさないと見えません。
アドバイスになってませんがここをなんとか埋めるしかありません笑笑

まとめ

僕はここ最近はボンディックという光をあてる接着剤で亀裂を埋めています。

ドレンパン一体型のタイプの謎の水漏れはこのパターンが圧倒的に多いです。
ルームエアコン、謎の水漏れに悩まされている方は是非参考までに。


今すぐお電話!