日別アーカイブ 2017年11月7日

著者:OFFICEK

写真解説付きPanasonic家庭用エアコン本体右側からの水漏れと対処法

Panasonic ルームエアコン本体右側からの水漏れについて

Panasonic製のルームエアコン の一部製品で、本体右側からの水漏れが確認されています。

Panasonic家庭用エアコンの画像

これまではなんともなかったのに、エアコンクリーニングをした後から水漏れが発生しました。

エアコンクリーニング業者さん焦りますよね。

ドレンの詰まりが原因ではない

ドレンの詰まりならほとんどの場合外のドレンホースを吸いだせば汚れが取れて解消する事が多いですが、この水漏れは原因が分かりません。

急に漏れて来るんです!だから厄介なんです。

漏れてくるというよりは垂れてくるという表現の方が適切でしょうか。

多く垂れてくる時もあれば少ししか垂れてこない時もあるし、本当に気まぐれな水漏れです。

ただ、僕らエアコン屋にはそんな気まぐれ通用しませんよね。クリーニング直後に漏れてきたとなればお客様は僕らのせいだと考えるのが普通ですし、僕でもそう考えると思います。

僕も最初の頃はかなり焦りましたが、このPanasonic製のエアコンを今夏100台ぐらいクリーニングしてきた今では、5分で水漏れを止める事が出来るようになりました。

エアコンクリーニング業者の皆さん慌てないで下さい。貴方が悪いんじゃないんです!

このPanasonic製のエアコン、実はリコールが出ていて実際に対応パーツまであるんです。

対応パーツ

(平成30年5月4追記 メーカーで数百円で購入できるそうです。リコール品なのに修理業者の負担というのは謎ですが。。。)

Panasonicエアコンの対応パーツの画像

↓こちらも参考にしてみて下さい(平成30年7月1日追記)

決定版!Panasonic家庭用エアコン本体右側からの水漏れ~パート2

対応パーツを用意しているという事は、メーカー側も把握しているという事ですよね。ただ、これだけ世に出回っている機械一個ずつ対応するのが難しいから申告してきた人にだけ対応しているという事でしょうか。

某ガスメーカーみたいにCMなんかでやってくれればいいのになとは思いますよね。

水漏れの箇所を特定しました

水漏れの場所ですが、ドレンパンのプラスチック部と本体のプラスチック部の接続部分に問題があるようで、上から流れてきたドレンがそのまま下のドレンパンに流れていけば問題ないのですが、その一部がどうやら接続部の隙間をつたって外に漏れてきているようです。

なのでドレンホースが外れていたりドレンが詰まっている水漏れのようにジャージャー漏れてくるわけではありません。

そうは言っても、実際の真夏の現場で部品が届くまでの2、3日間エアコンを止めておく事なんてできませんよね。

 

 

実際の対処法

そこで僕は即席の対処法としてブチルテープを1cm×2cmぐらいにカットして、接続部に貼り付けて上から流れて来るドレンを直接ドレンパンに誘導する方法をとっています。

パナソニックエアコン水漏れ箇所の画像

(※2018年8月1日 ↑真下から見た問題の箇所)

カットしたブチルテープの画像

(※2018年8月1日追記 ↑ブチルテープはこれぐらいの大きさにカット)

ブチルテープを張った画像

(※2018年8月1日追記 ↑問題の箇所にブチルテープを実際に貼りました)

ブチルテープを張ってドレパンを戻した画像

(※2018年8月1日追記 ↑ブチルテープを貼ってドレンパンを戻したところ)

後ろ側があんまり長いとファンに当たって音が出ますので気をつけて下さい。

ブチルテープ以外でもできなくはないと思いますが、なるべくはがれないテープじゃないとドレンパンに流れて詰まってしまっては意味がありませんからね。

ブチルテープは一度貼ったらはがさない事を前提に作られているので、粘着力が抜群です。

ブチルテープって何?って方もいらっしゃると思いますので説明します。

単純に説明すると防水・防湿・高接着性・耐候性に優れたテープで防さび効果に優れていて、防水工事などに広く使用されているようです。

僕は空調部材屋さんで購入していますが、ホームセンターなんかでも売っているみたいですよ。

ブチルテープの画像

こちらが僕が使っているブチルテープです↑

是非試してみて下さい。

メーカー側はこのリコール対象モデルを数年間のモデルに限定しているようですが、実際の現場ではもうちょっと年式に幅があるように感じます。

エアコンなんてどれも似たような作りに見えますが、ほんの数ミリ何かが違うだけでエアコンクリーニング業者を悩ませる事になるんですから怖いですよね。

日々違う機種のエアコンクリーニングですが、今ではこのPanasonic製のエアコンに愛着すらわいています。

不思議ですよね、水漏れが続いた時はこのエアコンに当たるのが怖かったんですけどね。

数をこなせば経験値がなんとかしてくれる事を信じて頑張りたいと思います。

 

著者:OFFICEK

オフィスK エアコンクリーニング

ブログ開設

 

オフィスKブログ始めました!

記念すべき第一回目のブログです。今までもエアコンクリーニングの事について書きたかったのですが、日々の作業がようやく落ち着いて来たので、これからブログを続けていきたいと思います。

オフィスKではエアコンクリーニングやエアコン設置、修理まで幅広く書いていきたいと思っています。


 

 

エアコンクリーニング

 

ところで、エアコンクリーニングと一口に言いましても、様々な業者がいると思います。

どの業者を選ぶかはお客様次第ですし、また、料金説明などがないまま作業が始まって、終わって請求された金額がネットで見た数字やチラシで見た数字と違ったなんて事はざらにあります。

エアコンクリーニングをして機械も綺麗になってお客様の気分もよくなるはずが、最後の支払いでトラブルになってしまったら台無しですよね。

なので、僕は最初に料金の説明と確認をしっかりとさせていただいてから作業に入るように心がけています。

エアコンクリーニングのタイミングについてですが、今まで一度もされた事ないご家庭や事業所さん、飲食店さんはエアコンを使い始める梅雨の時期や、夏前から夏本番にかけてエアコンをつけてみたらなんか匂う。

というタイミングが一般的かと思います。

でも実は、このオフシーズンに入る前のエアコンクリーニングもおススメしています。

なぜかと言いますと、クーラーを使用している間はどうしてもエアコン内部に結露が発生します。

それによってカビが少しづつ増殖するんだそうです。

夏に一度エアコンクリーニングをしても、ほとんどのご家庭、事業所様は秋までエアコンを使います。

沖縄の冬は暖房を使わないお宅も多いですし、エアコンを使わない間にカビが増殖して、翌年のつけ始めにはまた匂う。

という現象があるようです。

僕は7月の後半に今の家に入居しましたが、その時はエアコンからカビの匂いもしませんでしたし、目視でもファン部分にカビは確認できませんでした。ですが10/29日現在、すでにカビの匂いがし、目視でファン部分のカビも確認できました。

オフシーズンに入る前に一度やろうと思っています。

沖縄では新しく部屋を借りる時、ハウスクリーニングはやられててもエアコンの分解クリーニングまではやられていない不動産屋さんがほとんどです。

パッと見える外側の化粧カバーとフィルターは綺麗に掃除しますが、肝心の内部は汚いまんまの場合が多いです。

悪口ではないですからね、不動産屋さん、気を悪くさせたなら謝ります。

実際、子供が産まれるからと新しい部屋に引っ越したのはいいんだけど、なんかエアコンが臭う。。。

と、新しいお宅でもエアコンクリーニングのニーズはとても多いのが現状です。

 

 

業務用エアコンクリーニング

 

 

業務用エアコンクリーニングに関しましては、尚更この時期がおススメです。

何故かと言いますと、我々エアコンクリーニング業者も人間なのでやはりミスはあります。

真夏の掻き入れ時にエアコンを故障させてしまって、修理用部品が届くまで3日間エアコンが使えない。

お店の営業ができない。といったら謝って済む問題ではないですよね。

うちも修理に関しては責任をもって対応いたしますが、営業保証までは責任が取れません。

今のこの時期なら、少々暑いかもしれませんが、営業ができない!

というリスクが減らせるからです。もちろんそうならないように毎回どの現場でもベストを尽くしています。

という事で是非この機会にエアコンクリーニングしてみてはいかがでしょうか。


今すぐお電話!