業務用・家庭用エアコンクリーニング

著者:OFFICEK

業務用・家庭用エアコンクリーニング

Pocket

年末大掃除エアコンクリーニングです。

今回は糸満市にある「かみや歯科クリニック」様からのご依頼でした。

業務用エアコン2台、壁掛けエアコン1台のエアコンクリーニングです。

 

今までは他の業者さんにお願いしていたそうですが、そこの業者さんがもう年だからできないと何年か前から断られていたそうです。

 

その後は新聞に広告を出している業者に頼んでみたそうですが、新聞には安い金額を掲載しているのに実際に作業に来てみるとあーでもないこーでもないと言われて、結局値上げされたそうです。

 

僕は問い合わせがあった時点で一度見積もりに伺って、最初に提示した金額でできますよと明確にしましたので後日の作業を依頼される事になりました。

 

作業の直前に金額を上げるのは後出しじゃんけんですよね。お客様が嫌な気分になるのは当たり前の事ではないでしょうか。

自分が同じことやられたら嫌になりますよね。

作業前日の連絡で作業当日は8:30〜9:00の間に到着するように伺いますと連絡していましたが、当日、8:30前には院長先生自ら開けて待っていてくれました。

 

改めてご挨拶させてもらい、作業の段取りを説明させてもらって作業スタートです。

 


全てのエアコンの試運転をして異音など特に異常がないことを確認して、まずは壁掛けエアコンからばらしていきます。

 

Panasonic製のノーマルタイプのエアコンで設置状況も特に問題なかったので、いつものようにドレンパン、ファン、基盤、ファンモータまで分解していきます。

 

バラしたパーツと内部を先生に確認してもらうと、『かなり汚れてるんですね。』と驚かれていました。

その後パッケージエアコンも分解していきます。

オフィスK エアコンクリーニング

↑こちらが壁掛けエアコンのドレンパンとファン部分。ドレンパンがなんか赤くなっていますね。同じような赤いのがアルミフィンの下側にもびっしり付いていました。

 

オフィスK エアコンクリーニング

 

↑こちらが分解したパッケージエアコンです。

写真には映っていませんが、ダイキン製の天カセエアコンがもう一台です。

こちらに映ってない方のパッケージエアコンのファンの外し方が若干変わっていました。

 

今までの機種はファンを特殊な形状をした座金とナットでとまっていましたが、新しめの機種は三本の

小さなナットでとまっていました。

 

イメージとしては、ファンモーターがとまっているような三角の位置にとまっていました。

特に難しい事はないですが、間違って真ん中のナット風の物を外さないようにして下さい。真ん中はプラスチックになっていますので、従来の物と勘違いして力を入れると割れると思います。

 

今回も分解したドレンパン、ファン、パネルなど綺麗にエアコンクリーニングすることができました。

かみや歯科クリニック様、ご依頼ありがとうございました。

オフィスK エアコンクリーニング

 

↑この幟がオフィスKの目印です。


著者について

OFFICEK administrator

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

今すぐお電話!