日別アーカイブ 2018年7月31日

著者:OFFICEK

ダイキンルームエアコンU4 先入観注意!

日々の業務お疲れ様です。

失敗談

<

今回はダイキン製ルームエアコン『エラーコードU4』の修理についてです。

似たようなエラー症状のUAはこちらのブログで紹介していますのでご参考まで。

先に書いておきますが、今回の修理は残念ながら失敗談です。

このブログにたどり着いた方に少しでも参考になれたら幸いです。

まずは、お客様から運転ランプが点滅して風が出てこないという電話がありました。

三菱製のエアコンならランプの点滅回数を電話で伺うのですが、今回の機種はダイキン製という事でリモコンのボタン操作でエラーコードを表示させるタイプでしたので、電話越しでお客様にリモコンを操作してもらい、エラーが確定したのが『U4』というエラーコードでした。

早速メーカーのホームページで検索してみると

U4

内容

【U4】 システムのエラーです。

室内機と室外機間の通信不具合により、停止しています。

予想される原因

・室内プリント基板の不具合

・室外プリント基板の不具合

・室外ファンモータの不具合

・内-外連絡線の配線接続部の不具合

・別売品の配線接続不具合

・外的要因(ノイズ等)     (ダイキンホームページから引用)

色々項目がありますが、要は室内機と室外機の通信がうまくできていないよという事です。

どんなエアコンの修理でもそうですが、エラーコードでは大まかな原因しか分かりません。

あとは消去法で故障箇所を突き止めていきます。

ダイキンサポートの技術相談の方と実際に電話しながら調べていきます。

まずは、設置から4年が経過していて今までは普通に使えていたので連絡線の不具合は考えにくいという事で連絡線の不具合は可能性から消しました。

別売品もなしです。

ノイズはよく分からなかったですが、とりあえず消去法なので消しました。

という事で残ったのが上の3つの室内プリント基板の不具合・室外プリント基板の不具合・室外ファンモータの不具合でした。

ネットで調べてみるとこのエラーは90パーセントの確率で室外プリント基板交換で直るエラーだそうです。

修理の部品が少なければお客様の負担が減るからと安易な考えと僕の間違った判断で、まずは室外プリント基板だけを交換してみましょうという事になりました。

交換後、電源を入れてみると。。。

U4は消えず運転ランプも点滅したままでした。

一度コンセントを抜いて室外機の基板にコネクターがちゃんとささっているか確認しましたがしっかりささっていました。

もう一度コンセントを入れ、運転をかけてみましたがやはりU4で運転できないままです。

サポートセンターに電話をしてみたところ、また違う消去法を教えてもらいました。

消去法

『室外機のファンモーターのコネクターを抜いて電源を入れ運転をかけてみて下さい。それでU4とは違うエラーが出るようであれば室外機のプリント基板は正常です。仮にそのままU4が消えないようであれば残念ですがその変えたばかりの基板はまた飛んだ可能性があります。基本的にはこのU4のエラーというのが室外機のファンモーターが異常を起こして基板に負荷がかかり飛んでしまって基板の不具合が起きるんです。』

という回答でした。

ちなみに室内機側のプリント基板の可能性もあるが、ほぼないと言う回答でした。

このU4エラーの時に室内機側のプリント基板が正常かどうか調べる方法を聞いてみたところ

『冷房運転で運転ランプが点滅している状態ですよね?そのままリモコンで送風ボタンを押して送風運転にしてみて下さい。』

言われた通りにリモコンで送風運転にしたところ、なんと運転ランプが点滅から点灯に変わり、室内機のファンが回り始めたんです。

送風運転なので室外機との通信がいらないので、室内機のみで動くんだそうです。

さらに風量を変えたら反応するし、風向も変えられます。タイマーだってちゃんと反応していました。

て事で室内プリント基板の可能性は消えたわけです。

ここまで消去法で絞り込んで言われた通りに一度ファンモーターのコネクターを抜いてスイッチを入れてみたところ、やはりU4のまま。

さっきのサポートセンターの人の話の通りだと、また室外プリント基板が飛んでしまった証拠です。

この日はもうどうにもならないのでお客様にやはりファンモーターも変えないといけないと事情を話し、もう少し待ってもらう事にしました。

<

この時ダメにしてしまった基板は僕の責任なので自腹でもう一枚頼みました。

後日ファンモーターと新しい基板が手元に届き、再度お客様のお宅に行き早速室外プリント基板とファンモーターの交換を実施しました。

オフィスK エアコン修理
オフィスK エアコン修理

そして電源を入れたところ、まさかの運転ランプ点滅のリモコンにはU4エラーが。。。

一瞬何が起きたか理解できませんでしたが、やはり運転ランプは点滅したまま。

室内プリント基板の異常

自分で考えてみた答えが室内機のファンモーターコネクターを抜いて運転をかけてみたらどうか?もし室内機の基板が正常ならU4とは違うエラーが出るはずじゃないかという事でした。

試してみたところ、見事にそのままU4エラーのまま。これで原因の特定に成功しました。

まさかの室内機のプリント基板の異常でした。

お客様に事情を説明し、室内機のプリント基板を変えれば直りますと説明しましたが、基板の注文は待って欲しいとの回答が。

それから2日後にお客様から電話があり

『今メーカーの修理を呼んで見させていて原因が分かったよ。このU4というエラーは室外機のプリント基板とファンモーターを同時に変えないといけないみたいで、貴方(僕の事です)は先に基板だけ変えてダメで、後日ファンモーター変えたでしょ?最初にファンモーターも変えてないから変えた基板がまた飛んじゃってエラーが出てるみたいだよ。今メーカーの人が機械を見せてくれたけど、室内機には全く問題なくて室外機の基板を変えれば修理完了だと言ってるよ。だから室内機のプリント基板は頼まなくていいよ』

と、お客様から丁寧な説明をいただきました。

二度も修理に失敗した僕に不信感を抱いていたんでしょうね。そりゃそうです。誰だってメーカーの方を信用しますよね。

ただ、僕は二度目に伺った際に室外プリント基板とファンモーターの同時交換を実施していましたので、それをお客様に説明し、メーカーの人に電話を変わってもらいました。

そこで僕は全部説明しました。

一回目はプリント基板の交換だけだった事、二回目はお客様は修理の内容は知らないと思うがプリント基板とファンモーターの同時交換を行った事、そして室内機のファンモーターコネクターを外して運転をかけたがU4エラーだった事。

これを全部合わせて考えたら室外機側じゃなくて室内機のプリント基板じゃないでしょうか?

と僕なりに導き出した答えをメーカーの人に説明したところ、

『それなら室内機のプリント基板が問題の箇所ですね。情報ありがとうございます』とあっさり言われました。

あなたさっきお客様に室内機には全く問題ない。前に修理した人(僕のことです)が基板とファンモーターを別々に交換した事が原因です。なので今日は室外プリント基板とファンモーターの交換で直ります。金額は○○○円ですがどうしますか?

と、俺と全く同じ修理をしようとしていたんじゃないの?

と思いましたが、僕自身お客様にかなり待ってもらっていたので申し訳ない気持ちでいっぱいです。

先入観の怖さ

最初から室外機の基板が悪いと先入観で決めつけていたのも事実ですし、U4エラーの場合は室外プリント基板とファンモーターを同時交換しなかった自分が一番悪いなと勉強になりました。

この『U4』エラーコードはまれに室内機側の故障の場合もあるので決めつけないで是非故障診断してみて下さい。

余談ですがその後お客様から電話をもらい

『いやー貴方があそこでメーカーの人にあの説明をしていなかったら余計なお金払ってるところだったよ。メーカーの人も貴方の助言が的確で助かったって言ってたよ』

と言ってくれました。

遠回りはしましたが、結果的にメーカーの修理が来ていても僕と全く同じ工程をやっていたんだなと思うと自信に繋がりました。

お客様には大変ご迷惑をおかけしましたがこれからも日々勉強です。

<
今すぐお電話!