Panasonicエアコン CS-E259AZオーバーホール

著者:OFFICEK

Panasonicエアコン CS-E259AZオーバーホール

Pocket

Panasonic CS-E259AZ

Panasonic CS-E259AZ2009年製オーバーホールです。

こちらの機種はフィルター自動お掃除機能付きのエアコンとなりますので、分解する時間がノーマルタイプのエアコンより倍ぐらいかかります。

オフィスK エアコンクリーニング

 

フィルター自動お掃除機能付きエアコン

ここで早速余談ですが、フィルター自動お掃除機能にはダストボックス式とホースを通じて部屋の外に吐き出すタイプがあります。

フィルター自動お掃除機能がついているエアコンをオーバーホールする場合はまずどちらのタイプか見極めることが必要です。

 

今回のエアコンは前面パネルを開けてみるとダストボックスがついていません。なのでホースで外に吐き出すタイプだという事が分かりますよね。

オフィスK エアコンクリーニング

大げさに書きましたが、ぱっと見れば誰でもわかります。

続きまして、本体左側には掻き出した埃を外に出すための吸引、排出するための機械がついています。

順番よく分解していきましょう。

この写真の一番左の黒いのがそうですね。↓

オフィスK エアコンクリーニング

埃まみれな事はスルーしておきましょう。

 

次の写真が掻き出した埃を吸い取るホースです。↓

オフィスK エアコンクリーニング

ここも開けてみると埃まみれでした。スルーしておきましょう。

 

 

フィルター自動お掃除機能付きエアコンをお勧めしない理由


分解を進めていき、ホースを外してみました。↓

 

 

オフィスK エアコンクリーニング

埃が詰まっていました。これはさすがにスルーできないのではないでしょうか?

そもそもの機能を全うできていなかったという事ですよね。

この辺がフィルター自動お掃除機能付きエアコンをお勧めしない理由です。

 

その後も順調に分解を進めていき、右側の基板、ドレンパン、シロッコファンまで分解が完了しました。

熱交換器もカビで真っ黒です。↓

オフィスK エアコンクリーニング

 

これもまたフィルター自動お掃除機能付きエアコンをお勧めしない理由です。

肝心の熱交換器やシロッコファンまではお掃除してくれない

熱交換器の内側を覗いてみましょう。

下から覗いた写真です。↓

オフィスK エアコンクリーニング

シロッコファンを外して丸見えになった裏側です。こちらもカビで真っ黒です。

これもフィルター自動お掃除機能付きエアコンをお勧めしない理由です。

こちらが分解して外で洗う部品です。

ノーマルタイプのエアコンと比べるととても多いことが分かります。

オフィスK エアコンクリーニング

 

 

シロッコファンの目詰まり


シロッコファンのアップです。↓

オフィスK エアコンクリーニング

 

綿ぼこりが付着しているのが見えますか?この綿ぼこりがシロッコファンの隙間を埋めてしまうことによって風量が落ちる原因になってきます。

そしてこれだけ綿ぼこりがついていればエアコン始動時カビの臭いがするのも当然です。

もう少し付着が進むと風量が極端に弱まって結露して水垂れにつながる事もあります。

なので、やはりフィルター自動おそうじ機能付きエアコンはお勧めしません。

 

高圧洗浄後のパーツ類

高圧洗浄機で隈なく汚れを洗い流しました。

本来の色に近づいたと思います。↓

オフィスK エアコンクリーニング

 

 

時間はかかりましたが、シロッコファンの綿ぼこりも綺麗に落とせました。↓

オフィスK エアコンクリーニング

 

熱交換器の洗浄後

熱交換器のカビも綺麗に落ちてアルミ本来の色を取り戻していますね。

熱交換器のカビや埃による目詰まりも綺麗にクリーニングする事ができました。↓

オフィスK エアコンクリーニング

 

 

作業前同様、下から覗いてみましょう。↓

 

オフィスK エアコンクリーニング

 

先ほどカビだらけだった本体も綺麗に汚れが落ちています。気持ちいいですね。

 

ワンポイント

ここで一つポイントですが、熱交換器をクリーニングする際は、熱交換器を少しだけ浮かせて洗うと溝にひっかかっている汚れも綺麗に落とせるので試してみて下さい。↓

オフィスK エアコンクリーニング

 

 

電装品類

こちらは水洗いできないのでタオルで拭き上げです。

パーツが多いですね。↓

オフィスK エアコンクリーニング

 

このあと組み立てて試運転も問題なく、カビの臭いも解消されて風量もしっかり戻っていました。

最後にドレンホースを吸引してドレンホースの詰まりがないことも確認してこの日の作業終了です。

ここまでの写真の数々を見てもらえれば分かるように、フィルター自動お掃除機能のメリットがよく分かりません。

フィルターを洗うぐらいならご家庭でも十分できると思います。

そこにお金をかけるよりは、2年に一度でも3年に一度でもいいので、エアコンオーバーホールを依頼された方がよっぽど清潔に保てるのではないでしょうか。

あくまでも僕個人の意見であって悪意はありませんのでご理解下さい。

 

エアコンオーバーホールならオフィスKにお電話下さい。

 

オフィスK 098-989-1213


著者について

OFFICEK administrator

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

今すぐお電話!