三菱電機業務用エアコンエラーコードU8修理 北谷町美浜

著者:OFFICEK

三菱電機業務用エアコンエラーコードU8修理 北谷町美浜

Pocket

エラーコードU8

北谷町美浜にて三菱製パッケージエアコンエラーコードU8の修理です。

今回の機種が室外機型番PUZ-ERP160LA2となっております。

U8という事なので内容は以下の通りです。

エラーコード  U8

室外ファンモーター回転異常

室外ファンモーターの不具合で回転数が異常に上がった事により制御基板がやられて

このエラーが出ます。

この時、安く済ませたいがために基板だけ変えてみてそれでダメならファンモーターも交換しようと

考える人がいますがそれはよろしくないです。

そもそもこのエラーはファンモーターの異常で基板がやられているので、基板だけ変えて運転をかけてしまうと

運が悪ければ変えた基板もダメにしてしまう場合があります。

ありますというか大いにあり得ますので気を付けて下さい。

なぜかと言いますと、根本的に悪いのがファンモーターで、そのせいで基板がとんでるので基板だけ変えても動く

はずがありません。(まれに動くかも)

このエラーの原因である回転数が異常なファンモーターを、回転数が正常なファンモーターに変える必要がありますね。

メーカーに問い合わせても室外機制御基板とファンモーターの同時交換と必ず案内されます。

続いて作業に移りたいと思います。

今回の機種は室外機がダブルファンなので、ファンモーターを二つ交換する必要があります。

制御基板は一枚だけでした。

製造年月日は2015年と記載されているので3年前の機種になりますが、U8のエラーが出ていました。

羽根はこの後使うので慎重にモーターから外していきます。

シャフトが外しにくい場合は、CURE556やWD40などの潤滑油をシャフトと羽根の接続部に浸透させると外れやすくなりますよ。

ファンモーターが外れました↓

上の写真だと少し見づらいですが、基板もすでに外しています。

新品ファンモーター・制御基板

外したファンモーターと基板↓

外したコネクターは全く同じ場所に挿し直さなければならないので必ず覚えておきましょう。

ちなみに古い方のファンモーターは防錆処理が施されていたので色味が違いますが、中身は全く同じものです。

基板の裏側には放熱をしやすくするようにシリコンを塗ります↓

このシリコンは基本的には新しい基板に同梱されています。

満遍なく薄く塗ります。

ファンモーター・基板交換後↓

順番が前後してしまいましたが、室外機の制御基板を交換する際に必ず必要なのがこの機能切り替えスイッチの入り切りです。

新しい基板はこのスイッチが全てoffになっているので、現地で元々ついていた基板と照らし合わせながら同じようにスイッチを入り切りしていきます。

機能切替スイッチ

こちらは新しい基板なので全てoffになっている状態です↓

細かくて分かりずらいですが、SW6の部分の2・4・8のスイッチがオンになっています↓

元の基板がこのようなスイッチだったので全く同じようにしました。

この後組み立て直し、試運転に移ります。

修理の場合はこの試運転の瞬間がいつも緊張します。

まとめ

新品のエアコンは設置したら動いて当たり前なので心配はありませんが、修理の場合は試運転しみるまでわからない

ところがありますからね。

この日は部品交換後問題なく動作していました。

これで一件落着です。

最近エアコンクリーニングより取り付けと修理の方が多い気がします。

そろそろ年末の足音が近づいてきました。年末が近づけばエアコンクリーニングの方も忙しくなりそうですね。

何より設置も修理もクリーニングも、選んでくれるお客様がいるからこそオフィスKがあるという事を

肝に銘じて今後も精進していきたいと思います。

今回のご依頼ありがとうございました。

エアコン修理ならオフィスKまで     098-989-1213   オフィスK

著者について

OFFICEK administrator

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

今すぐお電話!