月別アーカイブ 9月 2019

著者:センパイ

ルームエアコン水漏れ

エアコンから水漏れ

ルームエアコンに限らず冷房時の水漏れで一番多いのがドレンホースの詰まりだと思います。
ドレンホースの詰まりならすぐに解決するので特に問題はないのですが、その他の水漏れは原因を突き止めるのが本当に大変です。

今回はその中の一つを紹介したいと思います。


ドレンパン一体型

今回のケースはドレンパンとファンが一体型の機種にとても多い水漏れとなっています。
例えばダイキン製や富士通製、東芝製のエアコンなどが一体型ですね。
あと壁掛けパッケージエアコンなんかも最近の機種はほとんど一体型ですね。

設置から数年が経過したある日突然水が漏れてくる事が多いようです。
初めは汚れが原因だと思われる方が大変です。

エアコンクリーニングでは解決しない

エアコンクリーニング業者もそう思われる方が多いでしょう。
汚れが原因だと思いエアコンクリーニングしてみたが水漏れが止まらず、ドレンホースをヴァキュームしても止まらない。
エアコンクリーニング業者も焦りますよね。
ここから先がオフィスKの出番です。

根本的な原因

ドレンパン一体型のタイプはドレンパンと熱交換器を上から二本のビスで止めてある事がほとんどです。

ドレンパンの亀裂の画像

Panasonic製や三菱製エアコンのような一体型ではない機種は正面からビス止めされています。
この上から止めてあるビスが長い年月をかけて亀裂を起こしていきます。
赤い○印の部分ですね。
実際には発砲スチロールで断熱されていますので、発砲スチロールを剥がさないと見えません。
アドバイスになってませんがここをなんとか埋めるしかありません笑笑

まとめ

僕はここ最近はボンディックという光をあてる接着剤で亀裂を埋めています。

ドレンパン一体型のタイプの謎の水漏れはこのパターンが圧倒的に多いです。
ルームエアコン、謎の水漏れに悩まされている方は是非参考までに。


著者:センパイ

ルームエアコン新規設置工事沖縄

久しぶりの更新です。

 

9月の半ばだというのに沖縄ではまだセミが泣いています笑笑

昨日発生した台風17号が過ぎれば少しは涼しくなると思いますが。


ルームエアコン新規設置工事

今回はリフォームを機にエアコンを新規設置したいというご依頼でした。

今までエアコンを設置していた事のない部屋のため、コア抜きからコンセント増設までです。
室外機は通路置きになるのでアングルで頭上の持ち上げました。

コア抜き

まずはコア抜きからです。
マシンをセットして65パイの穴を開けていきます。

65パイの穴の画像

これを使うと乾式には戻れません。乾式でコア抜きしたら手が震えてその後の作業に支障が出ます笑笑

そんなこんなでコア抜きをした後は室内機を設置し、室外機用のアングルも設置します。

アングル設置

今回はPanasonicの2.2kwの設置でしたが、室外機の重さはなんと18kg。
この日相棒は別の応援に行ってもらってたので、一人作業の僕にとっては少しでも軽い方が助かります。

専用コンセント増設

コンセント用のFケーブルはモールで仕上げます。

モール仕上げの画像

露出配線の場合はモール仕上げの方が見た目がすっきりしていいですね。

まとめ

室外機はアングルにて設置し、真空引き後ガス開放。試運転も問題なくドレンもしっかり出てきました。
横引きが当初の予定より長くなってしまい、この日パイプは持っていなかったのでドレンホースで横引きしたので支持を50cm間隔で取りました。
これだけ横引きが長いとパイプの方がいいのは言うまでもないですね。

横引きの画像

沖縄県のエアコン新規設置工事はオフィスKまでお電話下さい。
098-989-1213

 


著者:センパイ

エアコン新規設置工事沖縄

もう9月に入りましたが、沖縄ではまだまだエアコンが手離せないですね。

エアコン新規設置工事

今回のお客様は自宅の台所にエアコンを入れたくて3社ほど見積もりに来てもらったそうですが、みんな断られたそうでうちに依頼が来ました。 
今の時期は量販店さんだとちょっと大変そうな工事受け付けないんですかね?


見積もり

まずは見積もりの段階でお客様には戸棚を外してベニヤを張るので、今後こちらの棚は使えなくなる事を伝えました。 
お客様からの回答は「全く問題ない」でした笑笑 
棚ってあればあったで物を入れてしまいますが、なきゃないで入れないんですよね。 
それよりも、今までの業者はこういう提案すらなかったよと言っていたので、過去の見積もり業者は量販店繁忙期の量販店かそもそもこういうアイディアを持ち合わせていない業者のどちらかでしょう。

棚の画像

戸棚の中から配管を通してスリーブ抜いちゃいましょう。

コア抜き

まずはコア抜きからです。 
高さを計り、いいところを抜きます。

コア抜きの画像

沖縄ではちょっと前からALCの家が建ち始めていますが、まだまだコンクリート造りの家がほとんどなのでコア抜きも湿式の方が楽ですね。 
戸棚を取り外して室内機を引っ掛けます。 
コンセントも増設です。

室内機の画像

断熱材使用

戸棚の中の部分が40センチほどあり、西側という事もあったので配管と断熱ドレンを断熱材で更に巻いて結露防止を施してあります。 
念には念をってやつですね。 
外部はスリムダクトなしのテープ仕上げです。

まとめ

足元はプラロックだと台風の時飛ばされてしまうので、4インチブロックにしてあります。 
お客様にこのブロックにしてと言われたわけではないですがこのようにしました。

4インチブロックの画像

試運転も問題なくこの日の作業完了です。 

エアコン新規設置はオフィスKまでお電話ください。 
098-989-1213


今すぐお電話!