日別アーカイブ 2019年10月4日

著者:センパイ

パッケージエアコン入れ替え工事 沖縄

パッケージエアコン入れ替え工事

パッケージエアコン入れ替え工事です。
天井埋め込みタイプ2台ですが、既設配管は流用せず新しい配管へと交換になりました。
配管は流用した方が経費は抑えられますが、今回はお客様からのご要望でした。
まずはポンプダウンです。
これに関してはルームエアコンもパッケージエアコンもやる事は変わりません。
ガスを閉じ込めたら外しにかかります。


室内機撤去

室外機を外す組と室内機を外す組に分かれて作業しました。

室内機撤去の画像

配管を外したり通したりするのに天井を開ける必要がありました。
今回は開けられる天井だったのでよかったですが、これが開けられない天井だった場合は天井裏に潜りこみます。

室外機撤去

室外機も外れました。

室外機撤去の画像

室内機の設置に移ります。
室内機の釣りピッチが合わないのでアンカーを打ち直し全ネジを垂らします。

配管溶接

配管を通す作業は特に問題なく進みましたが、スリーブを出てすぐ真下に配管が通せなくてそこだけ溶接で対応しました。

配管溶接の画像

2分3分配管なら楽勝で曲げられますが、5分3分となると手曲げは厳しいですね。

室外機をセットし配管をつなぎます。

真空引き後試運転も問題なく完了です。
補足ですが、沖縄のエアコン工事では台風対策(転倒防止)はやっておいて損はないかなと思います。
年々台風が巨大化していますからね。
台風が去った後に室外機が倒れている事がよくあります。

転倒防止

今回は4点留めで施工しました。

転倒防止の画像

スリムダクト 仕上げ

外部配管はスリムダクト でスッキリ仕上げました。
やはりテープ巻きよりこちらの方が見た目もいいし配管が日焼けしないのでおススメです。
ちなみに防錆処理もしています。

スリムダクト仕上げの画像

沖縄も朝夕はだいぶ涼しくなってきましたが日中はまだエアコンが必要です。
沖縄のエアコン工事はオフィスKまで。
098-989-1213


今すぐお電話!