ダイキンデザイナーズパネル設置

著者:センパイ

ダイキンデザイナーズパネル設置

Pocket

ダイキンデザイナーズパネルの画像

(※四隅のパネルは外した状態です)

今回は自宅に設置したパッケージエアコンのパネルを
標準の物からデザイナーズパネルに変更しました。
特に性能に変化があるわけではないですが、単純に見た目の変化が欲しかったからです。
金額は標準の金額に2万円ほど追加になりますが、ちょっとした変化が欲しい方や、お店の雰囲気を上品に仕上げたい方におすすめです。
このデザイナーズパネルですが、実は実物を見た事がなかったので今までお客様におすすめした事がありませんでした。
それなら実物を見てみようと言う事で、今回引越しを機にパッケージエアコンを設置し、デザイナーズパネルにしようと考えました。

工事はコア抜きからスタートし、ボードカッターで天井開口、吊り棒、ドレン、電源工事と一通りの作業が必要でしたが、自社工事なので従業員の研修も兼ねてのんびり1日かけて実施しました。

工事の流れはいつもと大差ないので割愛させていただきます。
注意点ですが、デザイナーズパネルに変更する場合は天井ふところが標準パネル時よりプラス70mmほど必要になるのでその辺も考慮が必要です。
ちなみにうちは何も考えずに注文しましたが、天井ギリギリでした。
本体はスラブの断熱材にぴったりです。
何とかおさまっただけよかったですがこれも僕の勉強、お客様へおすすめする際の課題が見つかったので結果的に大成功と言えるでしょう。

美容室やアパレル系など、おしゃれに敏感な店舗や会社などにおすすめです。
もちろんご自宅に設置しても雰囲気が出るのでおすすめです。
沖縄県内のエアコン工事はオフィスKまでご連絡下さい。
オフィスK 098-989-1213

著者について

センパイ administrator

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

今すぐお電話!