カテゴリーアーカイブ エアコン設置

著者:センパイ

エアコン新規設置工事

エアコン新規設置工事

今回のお宅は新築物件ですが、リビングと寝室にまだエアコンがついていないので、両方に設置してほしいとのご依頼でした。 
寝室の方は特に問題ない設置だったので割愛させていただきますが、問題はリビングでした。 
コンクリートの穴あけは建築段階で空いていたので良かったんですが、配管を通す場所がなく、後ろの部屋のクローゼットの中を横切る設計になっていました。 

クローゼットの穴あけ画像

ここで問題なのが、クローゼットは洋服や大切な物が収納される事が多いので、ドレンホースを結露させない事と、尚且つ断熱材などでドレンホースを太くしてしまうと更にデッドスペースが広がってしまうので、そこだけ注意しました。

断熱ドレンホース 

断熱ドレンホースの画像

部屋内を通る時は迷わずこの断熱ドレンホースを使用していますが、今回これに更に断熱シートを巻いていきます。 
細いドレンホースに断熱材を巻く作業はかなり手間でした。 
チューブの断熱材だと一瞬で終わりますが、先ほども書いたようにトータルの幅が太くなるためこの方法をとりました。

配管接続作業

本体から外に出るまで約2m50cmほどでした。 
今回は左出しでしたが、二人作業だったので壁に引っ掛ける前に配管をつないでテープ巻きまで終わらせてから引っ掛けました。 
そうすれば外では配管の形を整えて、残りのテープ巻きとフレア作成、接続、真空引きと後は流れでやっていきます。 
真空引き後ガスを解放し試運転も問題なく作業終了です。 

配管接続完了後の画像

まとめ

クローゼット内を走っているドレンホースが結露するかしないかは試運転の数十分ではわからないので、今後生活していく中でもし結露した水が垂れるようであればまた対応しますという事で引き渡しました。 
結露に関しては気温差や湿度が大きく関係してくるので、その日だけの確認だけでは正直心許ないですね。 
他力本願にはなってしまいますが、そこはお客様にもご協力いただけたらと思います。 
ありがとうございました。 
エアコン新規設置工事はオフィスKまで 
098-989-1213 

著者:センパイ

ルームエアコン取り替え工事

ルームエアコン取り替え工事です。 
既存のエアコンはCHOFU製1999年式が設置されていました。 
単純計算で20年。

シンプル設計

昔の機種は長持ちしますね。昔の機種というよりはシンプルな事が長持ちの秘訣でしょうかね。このエアコンも冷えには全く問題ありませんでしたが、室外機の底板が錆びてボロボロになって抜け落ちてしまい、ガラガラ音がなっていたため今回取り替えのご依頼でした。
逆に言うと、室外機の音が気にならなければまだ使えるという事ですね。 
まぁファンが当たって音がなっていたので違う故障が発生するのは時間の問題でしたが。

室内機設置

お客様と打ち合わせをした結果、既存のエアコンと同じ位置に設置した方がビス穴などが見えないのでいいと言う事になりました。

室内機設置箇所の画像

配管は右出しですがドレンは付属の物だけでは外まで足りませんでした。

断熱ドレンホース 

そういう時は断熱ドレンホースで延長してスリーブの外まで出します。 
断熱されていないドレンホースだと、ドレンホース自体が結露してしまい、部屋の中に結露した水が垂れてしまいます。 
和室なんかだと畳が腐ってしまったりしますので、部屋内を通るドレンホースは必ず断熱します。

断熱ドレンホースの画像

メスカフスをボンドで接着し、抜けないようにさらにテープで固定します。 
過去にこの断熱ドレンホースをケチる業者がいました。理由を尋ねたところ 
『高いから』 
と言われました。その業者は普通のドレンホースに薄い筒状の断熱材を通していました。家電量販店のエアコン工事業者はそっちが主流みたいですね。この断熱ドレンホースは別料金取るところもあるそうです。 
そんなこんなで付属のドレンホースと接続します。

ドレンホース接続の画像

ここで1つ注意点ですが、さっきカフスはボンドで接着しましたが、ドレンホース同士はボンド付けしない方がいいです。ボンド付けしてしまうと、メンテナンスや移設する時などに余計な手間がかかってしまいます。 
圧がかかるところではないのでこのようにテープでしっかり固定で十分でしょう。 
外部まで出たら後は塩ビのドレンパイプに接続します。 
あとの作業は割愛しますが、室内機設置はこちらです。

室内機設置完了の画像

まとめ

余談ですが、今回設置したエアコンが2.2kw6〜8畳用と言われているエアコンですが、室外機が一回りコンパクトになり、重量が19kgとなっていました。 
昔の冷房専用エアコンみたいなコンパクトさでとても助かります。 
エアコン取り替え工事はオフィスKまでご連絡下さい。 
098-989-1213 

著者:センパイ

ルームエアコン設置工事

コア抜き

ルームエアコン設置工事のご依頼をいただきました。 
新規の設置工事なので、コンクリートの穴あけ作業からです。

穴あけ作業の画像

前までは乾式ドリルで粉まみれになりながら穴あけ作業をしていましたが、2月にようやくこのマシンを購入して今では捗っています。

 

養生

ただ、湿式コアでは穴が開いた瞬間に部屋内にコンクリート混じりの水が飛び散ります。それは水を使って穴あけをしている以上避けられないですが、その水をいかに部屋の中に飛び散らせないかを考えました。 
最近ではこんなかんじで養生しています。 

養生の画像

穴が開く周りをマスカーテープで養生し、室内機の箱に必ず入っている発泡スチロールでかぶせてしまいます。 
少し水が垂れたりはしますが、あるとないとでは雲泥の差です。 
室内機を取り付ける位置はお客様と相談してから決めます。 
自分が設置しやすい位置ではなく、あくまでもお客様の要望を聞いて、どこでもいいよと言われれば自分のお勧めの位置を提案します。 
今回はお客様がこうして欲しいという要望がはっきりしていたのでその通りに設置します。 
設置作業は一人でだと写真撮影まで手が回らなかったので省きますが、完了写真がこちらです。 

完成写真の画像

横引きが長いですが、お客様の要望通りの施工ができました。 
本当は真ん中辺りで一箇所か二箇所支持を取りたかったのですが、スリーブ近くの一箇所だけしか取れませんでしたが、しっかり支持取れたので特に問題はないでしょう。 
今回施工した機種は2.8kwと言われる機種で主に10〜12畳用と謳われている機種でした。 
お客様も希望通りの配置にとても満足していました。 
エアコン設置工事はオフィスKまでご連絡下さい。 
008-989-1213 

著者:OFFICEK

令和元年6畳用エアコンキャンペーン早い者勝ち10台限定!

令和元年を迎え、沖縄ではエアコンシーズンに突入しました。

6畳用エアコン本体、標準工事込みで70000円で提供します。

家電量販店より少し高いですが、その後のクリーニングや故障時の修理、何かあった時はすぐに駆けつけます。

ご家庭のエアコンの主治医だと思ってもらえたら想像しやすいかもしれません^_^

値段だけでは家電量販店には勝てませんが、その後のメンテナンスで差をつけます!

6畳以上のエアコン、業務用エアコンの販売、設置、修理、クリーニングも取り扱っておりますのでお気軽にお電話ください。

お電話はお早めに!

オフィスK 098-989-1213

著者:OFFICEK

ダイキン製4馬力パッケージエアコン入れ替え

ダイキン製4馬力パッケージエアコンの入れ替え工事です。

業務用エアコン 入れ替え 沖縄
ダイキン製4馬力パッケージエアコン

平成13年製のエアコンとの事でしたので17〜8年前の冷房専用の機械でした。室内機の音がすごいから買い替えたいと依頼をいただきましたので、今回は同じダイキン製4馬力で冷房暖房兼用のエアコンにする事にしました。

冷房専用と冷房暖房兼用の機械でもそこまで金額が変わるわけではないので、兼用の方がいいかなと個人的には思っています。

しかし、倉庫や機械室などで絶対に冷房しか使用しない場所では冷房専用をオススメします。何故なら機能が少ない分故障する確率が減るからですね。

ポンプダウン

まずは冷媒管の中に充満している冷媒ガスをコンプレッサーに閉じ込める作業からです。所謂ポンプダウンですね。この時期の沖縄は日中気温25度ぐらいあるので冷房運転でガスが戻せます。

続いて室内機の撤去です。点検口があったのでそこから配管、ドレンを切り離します。

室内機設置

今回撤去した機種は18年前の機械ですが、天井開口も吊りピッチもぴったり合うので、そのまま使用できました。

今回はガス漏れとかがあったわけではないとの事でしたので、なるべく施工費を抑えるために配管とドレンは流用させてもらう事にしました。

ただ、今回の配管が3分5分なのに対して既存の古いエアコンは3分6分と、低圧側の配管が太くなっていました。

なので室内機と室外機のフレア部分から30cmぐらいのところで配管を溶接して5分に落として機械と接続しました。

ダイキン4馬力パッケージエアコン
ダイキン4馬力パッケージエアコン

パッケージエアコンの設置にベンダーと溶接機、エキスパンダーは必需品です。もちろんルームエアコンでも使う時はありますし、他にも大事な道具はたくさんあります。

道具の必要性

どんな事があっても対応できるように現調がとても大切になってきますね。現調の段階で何が必要か考えます。

室内機と室外機側の低圧側(5分)だけを溶接します。両方とも高圧側(3分)は足りましたので、フレアを切り直して接続しますが、その際にトルクレンチの使用はかかせません。

配管接続後に真空ポンプで真空引きをしている間に室内外の電線の接続や、室内機側のドレンのやり直し、リモコンの取り替えをします。

ダイキンパッケージエアコンリモコン

真空引きの後は30分ほど放置して真空度が-1.00から戻らなかったのでガスを送ります。

真空引き後放置試験をしている時にゲージ圧が-0.99−0.98−0.97と下がっていかなければ大丈夫です。

今回はゲージ圧が下がらなかったのでガスを開放します。

室外機のコンパクト化

ちなみに既存の室外機と新しい室外機のサイズですが、見ての通りだいぶコンパクトになっています。

↓の写真の左側がまだ残っている4馬力の室外機です。

並ぶとその大きさが一目瞭然ですね。

ダイキン4馬力パッケージエアコン
ダイキン4馬力パッケージエアコン

まとめ

既存の室外機はダブルファンなのに対して今回設置したーのはシングルファンとなっていて、重量も20キロ以上軽くなっています。メーカーの努力が伺えますね。工事する側としてはとても助かります。

全ての作業が完了し、試運転をしている間に片付けをします。

余談ですが、昨日マキタの充電式掃除機を購入したので今日が初めての使用でしたが、吸引力が抜群でした。

今回ご依頼いただきましてありがとうございました。



著者:OFFICEK

業務用エアコン入れ替え工事 三菱ツイン

業務用エアコン入れ替え工事

天井カセットエアコン同時ツインの入れ替え工事です。

カセットエアコン
既存エアコン撤去前

既存のエアコンがガス漏れで効かなくなり、別の業者さんに何度も見てもらったりガスを補充してもらったり修理してもらったそうですが一向に回復せず今回うちに依頼が来ました。

当初の現調ではガス漏れ箇所の特定して修理するか、室内機から室外機までの冷媒管を総入れ替えし、冷媒ガスを補充する修理にしようかという話もありましたが、3月といえども沖縄では冷房を使用する日が出てきたので一番確実な方法である入れ替え工事となりました。

修理でも入れ替えでもどちらでも良かったのですが、入れ替えと決まれば入れ替えの準備にとりかかります。

今回の設置場所が海からものすごく近いので室外機に防錆処理を施すため、どんなに早くても1週間後の工事になります。

ここ沖縄では台風被害と塩害に関しては、予算が許すならされた方がいいかなと思います。

海辺のサンセットがウリのお店なんかでは塩害も台風時の被害もかなりありますからね。

室内機取り外し

いきなり工事当日です。

ガス漏れしているエアコンですが、まずは残りの冷媒ガスを室外機に回収します。いわゆるポンプダウンですね。

続いて室内機の取り外しにかかります。

業務用エアコン入れ替え
室内機撤去

エアコンの配線以外の配線が入り混じっていますので、配線を切ったり傷つけたりしないように細心の注意を払います。

今回の機種が同時ツインといって室外機1台に対して室内機2台のタイプです。

同時ツインなのでリモコン制御は1台と分となります。

分かりずらいですね。

要するに、2つのエアコンを1つのリモコンで管理するという事です。

なので、1台が壊れたらもう一台も壊れます。そして工事も室内機Aと室内機Bの冷媒管を、分岐管というもので繋げて1つにして室外機へと送る必要があります。

そのためには溶接が必要不可欠です。

分岐管溶接

室内機側の配管は先に距離を測り、テナントの外であらかじめ分岐管と溶接しておく事にしました。そうする事によって電気配線が入り組んでいる天井裏での溶接が最小限に抑えられます。

冷媒管を溶接するには溶接器はもちろん、エキスパンダーという道具等が必要になってきます。

溶接する際には煤に気をつけて溶接しましょう。

溶接で冷媒管をつなぎ、室外機まできました。最後の曲げはチューブベンダーで曲げます。

全ての配管をつなぎ終え真空引きをし、1時間ほど放置して配管内の真空が確認できましたら二方弁と三方弁を開放します。

試運転をしている間に台風対策をしていきます。

室外機台風対策

アンカーを4発打ち込み、アイボルトを入れます。

室外機 台風対策
室外機台風対策

昨年の台風24号、25号クラスが来てもこのワイヤーで固定していれば倒れることはまずないでしょう。

床にアンカーを打っていますので、その部分はコーキングで下の階に雨漏りしないようにします。小さな事ですが大事な事です。

試運転時、室内機からはきちんと冷たい風が出ていました。

風速及び吹き出し口付近の温度

こちらの写真では見ずらいですが、吹き出し口付近の温度が15.1度、風速が3.3s/mとなっておりまえう。

同じ機械が2台ありますので、これで今年の夏は大丈夫でしょう。沖縄で業務用エアコンの入れ替え工事はオフィスKまでご連絡下さい。

著者:OFFICEK

引っ越しついでにエアコンクリーニング 沖縄

エアコン移設

お引越しシーズンど真ん中ですが、最近はエアコンクリーニングより取り付けの依頼の方が多くなっています。

去年の今頃は業務用エアコンクリーニングが多かったんですが今年はほとんどやっていません。不思議です。

さて今回は、お引越しの際に取り外したエアコンのクリーニングと、新居への取り付けとなっています。

引越し業者が前の住居から取り外し、新居まで運搬はしてくれていましたので、うちにはクリーニングと設置のご依頼でした。新居は新築の綺麗なマンションで、エアコン用の穴も開いていたのですが、リビングのエアコン用コンセントが200vになっていたので、コンセント交換と電圧交換も一緒にやる必要がありました。

エアコン本体は2.5kwと3.6kwで3.6kwの方は100v仕様になっていたので電圧交換が必要でした。

エアコン完全分解クリーニング

まずはエアコンクリーニングから始めていきます。

取り外してあるので、隅から隅まで丸洗いです。

容量は違いますが、2台ともほとんどのパーツは同じものでした。熱交換器についているサーミスタが2.5kwは1つだったのに対して3.6kwが2つだった事ぐらいでしょうか。

家庭用エアコンオーバーホール

取り外してあるエアコンをクリーニングするのは非常にメリットが多いです。

エアコンクリーニングのメリット

分解が容易ですし、室内の壁などのような養生がほとんどいらないのでとてもやりやすいですね。そして汚れも隅々まで落とせるのでお引越しの際のエアコンクリーニングはとてもお勧めです。時間も短縮できますし、新品に近いぐらい綺麗に洗えますし臭いも取れますのでメリットだらけです。

壁に設置されていても熱交換器はもちろんの事、シロッコファン、その他の樹脂部分も綺麗にできますが、取り外してある状態の方が作業が安全です。

設置されている状態で完全分解すると配管に変な角度でテンションがかかるとガス漏れの可能性も出てきますので。

以前は無理してでも完全分解をやっていましたは、1人作業の場合は無理できないので、最近は取り外してある場合だけ完全分解するようにしています。

エアコン設置工事

クリーニング後、組み立てたら設置工事に移ります。

どちらのエアコンも内部、外部ともにスリムダクトもいらないとの事でしたので、テープ巻きで仕上げました。

真空引きもしっかりと行います。真空を確認したらガスを解放し試運転します。

この日の沖縄は3月の割には蒸し暑く、冷房運転後すぐにドレンが確認できました。

エアコンの風も無臭で気持ちいい風が出ていて小さなお子様がいるご家庭でしたので当分は安心してお使いいただけるでしょう。

このように、エアコンのクリーニングから設置までを一貫してできるのがウチの強みです。エアコンの事なら家庭用、業務用問わずオフィスKまでご連絡下さい。




著者:OFFICEK

他社でエアコン工事を断られた方必見!

エアコン設置を断られた

まず始めにこのブログにたどり着いたという事は、他社でエアコン設置を断られたけどまだ諦められない!

他に方法はないのか?と考えている方達だと思います。

壁掛けエアコンというのは一般家庭や事務所、飲食店や美容室などどこででも目にしますね。

工事が比較的簡単で(※誰にでもできるという意味ではありません)家庭用の壁掛けエアコンの設置の中でも一番手間のかからない工事(業界では右ドンと言う)であれば早い業者なら1時間かからないで設置します。

それは置いといて、今回のブログでは家電量販店でエアコンを購入し設置工事業者が来たはいいが、いざ取り付けようという段階になったら結露した水を室外に出すための勾配が取れないからという事でキャンセルになってしまった方達のための対応策です。

自然勾配を利用して排水

本来この壁掛けエアコンというのは自然勾配を利用して室内機で結露した水を室外に排水しています。

部屋に室外に出る穴が開いていない場合はまずその穴を開けますが、どうしても勾配が取れない場合があります。

特にマンションで多いのが、家の真ん中にある部屋窓もなく両サイドはほかの部屋になっているため穴も開けられない。だが暑くて耐えられないからクーラーは設置したい。家電量販店で購入して工事業者が来たはいいが冒頭で説明した流れになってしまった。

ドレンアップキット

こんな時に効果を発揮するのが今回説明する『ドレンアップキット』と呼ばれる、結露した水を機械の力で上に持ち上げてくれる機械です。

部屋の構造上勾配が取れなくてもこれがあれば大丈夫です。

実はこのドレンアップキットですが、業務用エアコンの一部には標準搭載されています。その説明はまた別のブログでさせてもらう事にしましょう。

※メーカーサイトより抜粋

室内機本体の横にもう一つボックスを設置しなければいけないのがデメリットですが、暑さを免れるなら見た目を気にしている場合ではないという方にはとてもお勧めです。

というより、勾配が取れない部屋ではこの方法しかありません。

勾配が取れなくても設置可能

このドレンアップキットがあれば天井裏まで排水を持ち上げる事ができます。天井裏まで持っていければ外に出す事も可能ですし、その設置場所に適した色んな方法を考える事が可能となります。

大事なところなのでもう一度言いますが、デメリットは本体の横にボックスがつく事と設置費用が別でかかる事ぐらいです。

まとめ

このように、他社で設置を断られた場合でも、他の部品を購入する必要はありますがエアコンを設置する事は十分可能です。

ただ、その際には業者選びが大切になってきます。この機械を知らない業者さんもいます。

この機械を設置した事ない業者さんの方が圧倒的に多いでしょう。

他社で断られてこのブログにたどり着いた方、是非一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

オフィスK 098-989-1213

著者:OFFICEK

エアコン取り替え工事オフィスK

旧型パッケージエアコン

エアコン取り替え工事 オフィスK

先日エアコンクリーニングの依頼をいただいたお客様でしたが、色々とあって取り替え工事となりました。

こちらの機種は三菱製パッケージエアコン6.3kw壁掛け型です。

設置から15年ほど経っていて今まではエアコンクリーニングされた事ないので初めての依頼だったそうで、熱交換器も中のシロッコファンもかなり汚れていました。洗い甲斐のあるエアコンだなと思っていましたが、フィルターを外す際に本体を軽く触ってみるとグラグラと動きました。

施工ミス?

本体を横から見てみると背板に引っかかっていません。なんとか引っ掛けてみようと思いましたが引っかからず。

お客様と色々試してみましたが引っかけられず、取り替えとなりました。

15年間そのままだったという事なので危ないですよね。お客様もこのタイミングで初めて知って良かったと言っていました。

早速作業開始です。

ポンプダウン作業

まずは配管内に充満している冷媒を室外機に閉じ込めます。通称ポンプダウンですね。

リモコンで試運転にして、室外機が回り始めるのを待ちます。

室外機が回ったら、細管の弁を六角レンチで閉めます。マニホールドを見ながら圧が0mpaを下回ったら素早く太管の弁も閉めます。

これでポンプダウン完了ですね。たまに弁の閉めが甘くてガスが少しづつ漏れている場合がありますので、弁はしっかり閉めましょう。

エアコン設置工事 オフィスK

室外機と配管を切り離して室内機の撤去に移ります。

室内機撤去

室内機は横幅が長く、仕様書を見ると1400mmと書いてあります。とても長いです。そして重さですが、なんと24kgと書かれています。

エアコン取り替え工事 オフィスK
室内機
エアコン設置工事 オフィスK
室内機背板

上の写真の右側の赤丸部分だけに室内機が引っかかっていて、左側の❌の部分は引っかかっておらず本体が浮いていました。

右側だけでかろうじて15年間耐えていたと考えると運が良かったとしかいいようがありません。

エアコン設置工事 オフィスK
コーキング処理前

背板を壁から外すと今までのビス穴がぼこぼこ開いていたのでコーキングで埋めておきました。

エアコン設置工事 オフィスK
コーキング処理後

アース線の必要性

そして新しい背板を取り付け、新しい本体を取り付けましたが、その際はアースも忘れないようにしましょう。

漏電した際に人体への感電を防いでくれます。

偏見になってしまいますが、安いのを売りにしている設置業者さんの多くはこのアースを取らないようです。もちろん乾いた場所に設置する場合はアースを設置しなくていいとは据付説明書には書かれています。

ただ、漏電した場合はとても危険です。設置しておいて損は全くないでしょう。

エアコン設置工事 オフィスK

室内機の設置が完了しました。かなりコンパクトになったのが分かりますか?

数字で見てみると、横幅が799mm、重量はなんと9kgです。横幅がマイナス60センチ、重量はマイナス15kgです。とてもコンパクトになりました。

サイズダウンという選択肢

あ、ここで一つ補足ですが、以前設置されていた機械は『6.3kw』という容量のパッケージエアコンでしたが、今回は『5.6kw』というワンサイズ落とした家庭用エアコンにしました。

エアコン設置工事 オフィスK

そこにはとても大きな理由があります。

以前の機械はパッケージエアコンでしたが、今回はどっちみち家庭用エアコンを設置する予定でした。

そこは大きな問題ではないんですが、サイズを現行のまま『6.3kw』にするか、今回設置した『5.6kw』にするかで約10万円の差が発生する事になったんです。

通常、もっと下の容量の機械の場合は、ワンサイズアップごとに1万円〜1万5千円アップですが、その値段設定はは『5.6kw』までなんですね。

『6.3kw』になった途端に10万円の差が発生するのです。

当初、そういう事情は何も知らないお客様は、今設置されている機械と同等品で見積もってと言っていましたが、僕が勝手に見積もりを2パターン作成して、事情を話したところ、今回のワンサイズ落とした機械を!

という事になりました。

ワンサイズ落としたのにもちゃんと理由があります。今までのエアコンでフルパワー運転をした事はなく、室内も十分冷暖房が効いていたという事。

そしてこちらの建物プレハブでしたが、壁面には断熱材が入っていた事、屋根が高く室内の天井材から屋根まで約1mほどあり、屋根の熱気が室内にこもりにくかった事。

それらを総合的に考慮した結果今回に至ったというわけです。

まとめ

エアコンは迷ったらワンサイズ上を買っとけば間違いないという事を言う人がたくさんいますが、中には逆の提案ができる業者がいてもいいのではないでしょうか?

ご依頼ありがとうございました。

エアコン取り替え・修理・クリーニングはオフィスKにお任せ下さい。


今すぐお電話!